So-net無料ブログ作成

ネットスーパー [温泉日記]

 温泉部屋の地元についにネットスーパーが導入されました。今週末、行く前に注文して、着いてぶらぶらしていたら買い物が部屋まで届けられる素敵さ。ますます、怠惰な温泉生活になってしまいそう。

 7月半ばに部屋で蚤が大発生しました。自然の豊かさというものは、動物が多いからそれだけ蚤やダニやシラミが多い、虫も多い、ということは知っている(というか、過去に何度も蚤やダニに振り回されてきたので慣れている)ので、さくっと対策。

 くろすけと部屋の特定の場所(古い床がそのまま残っている)が蚤の発生源だと特定。そこを封鎖して、翌週にもう一度行き、発生源だと確定。

 ネットで蚤の退治の仕方を検索して、スミスリンがよいらしいと分かりました。で、ネットで買うと200gが1000円くらいなんだけど、マツモトキヨシで聞いたら20gが1000円くらい。なので、スミスリンはネットで買ったほうがよさそう。同じ店で、残留性の高い殺虫剤(敷居やサッシレールなどに使う)も買いました。

 そして、蚤の発生源にスミスリンを撒いて、その上をくろすけが養生シートで封鎖。

 養生シートを付けてわかったのですが、床の木の隙間からすごく空気が入ってきていました。養生シートがぷっくりドーム状に膨らむ。今のマンションならそういうことは考えられないんだろうけど、古い物件ですから仕方ないな、と思っています。

 そして、いつまでも養生シートのままでもダメだし、かといって剥きだし状態に戻すと蚤がいつ発生してくるかわからないので、上にリノリウムを貼ることにしました。無難なアイディアは、部屋の床にあわせた色にすることで広く見せることだと思います。が、くろすけが、青いアラベスク模様のタイル風リノリウムを貼りたいと。

 ま、いいんじゃないかな。安いし、ダメなら張り替えればいいし。

 そういうわけで、北欧風のインテリアの部屋に、突如、地中海が出現する予定。

 蚤の発生は押さえられたものの、わたしは刺された箇所が一か所腫れ上がり、何を塗っても治まらなくなってしまいました。仕方なく皮膚科に行って、塗り薬とロラタジンを処方してもらいました。それでも治らないので、自分でアレグラも追加(自己責任)。4日くらいでようやく腫れが引きました。とにかく、蚤の痒さは気が狂うほどなので、刺されたら速やかに医者に行くのが良いです。

 そして、ついにキャンプ用の椅子も買いました。椅子に座り、ビールを飲みつつ、風が吹き渡るマンションの屋上で、ちょうど目の前に炸裂する花火を見る贅沢さ。

 しかし、二回目の椅子付き花火の日は天候が荒れて、花火の途中で雨がすごい勢いで降ってきました。一度は屋上の屋根のあるところに避難したのですが、最後はもうどうでもよくなって濡れたままで見ていました。なんせ、少々濡れても部屋はすぐ下だし、温泉も出るからすぐに温まれるし。ビール飲んでるし。

 温泉部屋買ってよかったなー、とゴロゴロなる遠雷を聞きながら、部屋を吹く風の涼しさを感じつつしみじみ思っていたわけです。

そのほか
●スーパーの宅配は管理人室までだが、ネットスーパーは部屋まで持ってきてくれる。
●足湯をするとすごく気持ちがいい。
●雨が降ると西側の森はさらさらと雨音がして良い。
●東の窓の中空ポリカは夏の間は色つきに変える。フィルムを窓に貼るよりきれいで感じがよい。
●運転手のおじさんによると、台風の時は東から風が吹き付け、窓のサッシの隙間から雨が吹き込むくらいすごい。頼んだら養生はしてくれるらしいが、養生をし終わった時には台風も終わっていたりするらしい。秋は自分で養生をして帰るが吉。
●夏のビーチは人がみっしりしていた。
●パステルのマルチカラーの花火がきれい。

●駅前のしらす丼のお店は、開店直後に入らないとあっという間に満席で回転率も悪いので待ち時間が長くなる。●二色丼は左右になるように丼を置き、まんべんなく食べられる。しかし、三色丼はどうしても初めになくなる具と最後までたくさん残る具ができてしまう。バランスよく食べるにはどうすればいいのかわからない。







posted by しの at nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。