So-net無料ブログ作成

ヒラタケのアンティパスト [れしぴ]

ヒラタケ 一袋
トマト 中2個
ガーリック
玉ねぎ
塩コショウ
オリーブオイル
ナツメグ
バジル

バルサミコ酢
米酢
砂糖少し

トマトは湯剥き。櫛切り。玉ねぎも櫛切り。ガーリックは薄切り。ヒラタケは適当な大きさに分ける。
酢と砂糖以外の材料をボールに入れ、トマトを少しつぶすようにして混ぜる。
グリルにアルミフォイルを皿型に敷いて、混ぜたものを平らに入れる。
焦げ目が付くくらいまでグリルする。
熱いうちにボールに移して、酢を入れる。好みで砂糖を少し(小さじ半分)入れる。
ウースターシャーソース(ウスターソースに非ず)、タバスコなど好みで足す。


<メモ>
タッパーなどに入れて冷蔵庫に2~3日保存。サラダとして食べる。冷製パスタにも。
お酢の代わりにレモンの輪切りを入れても。
トマトなしでもおいしい。
お酢を入れずに保存するとパスタソースにも使える。
posted by しの at nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

たくさん食べた。 [温泉日記]

温泉部屋にこの週末も行ってきました。

昼過ぎについて、部屋で冷蔵庫の配送を待ち、その後、買い物に町に下りて行きました。例のきつい坂を下りました。リサイクル屋でちょうどいい大きさのテレビを見つけ、配送と設置を手配。スーパーや100円ショップをはしごして、タオルフックや箒、これがないと生きていけないタオルケット、などを買いました。タクシーかマンションの送迎サービスで部屋まで帰ろうかと思ったのですが、なんだか歩いてしまいました。

例のきつい坂を上り、汗だくになり、部屋に帰ってさくっと温泉。汗を流して、晩御飯は町に再び降りました。出前も考えたんだけど、坂を下りたところにある台湾料理を食べに行こうか、そのついでにドイツデリカテッセンも覗いてみよう、だったらそのもう少し先のワインバーも覗いてみよう…。

落ち着いたのは、よさげな焼肉屋さん。これが、大当たり、二人で飲んで食べて、おなかいっぱいで4000円行きませんでした。お肉は柔らかいし、特製のレモン塩が豚タンにものすごくおいしくて。

「お肉おいしいね、お肉柔らかいね。お肉おいしいね」

とおなかのすいた子がおかーさんに繰りかえすようにくろすけに何度も何度も話しかけ。笑われてしまったよ。

朝は、ドイツデリカテッセンで買ったフランクフルトとパン。フランクフルトもおいしくて。なんでもドイツで金賞やら銀賞やらを取っているそうです。

お昼は台湾料理屋に行きました。エビマヨがおいしくて。安いし。

午後には椅子が届きました。アーコール社のクエーカーチェアー。座り心地に惚れて買いました。窓辺で椅子に座って意味を眺める幸せ。

温泉に入って、ビールを飲んで、日曜の午後の刑事ドラマの再放送を見ながら転寝する幸せ。

あのきつい坂を三往復したので、弁慶の泣き所の筋肉が少し痛いです。


IMG_0455.JPG
丸いランプを持っていきました。部屋になかなかよく合います。
posted by しの at nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

温泉三昧ワインパーティー、しかもすっぴん [温泉日記]

リフォームが終わったと業者さんから連絡をもらったので、今週末は自分たちのリゾートマンションの部屋に泊まりに行きました。

布団があるのでとりあえず寝れるって感じ。紙コップはある、麦茶のペットボトルもある。冷蔵庫、エアコン、扇風機はない。テレビもねぇ、ネットもねえ、レンジも椅子も照明もねぇ~。

なにもないが温泉は使い放題。まさに湯水のごとし。

途中の駅の成城石井で赤ワイン三本セットとおつまみを買って、焼売とか惣菜パンとか、翌日の食事になりそうなものを買って。電車の中で、楽しい夜の予感に笑いが止まらない二人。

駅からタクシーに乗り行先を告げると、運転手さんに小さな声で

「途中で止まったら押してね」

と言われ、任せてくださいと打てば響くように答えると、とても喜んでもらえました。温泉部屋に行くには勾配がきつくてカーブもきつい坂を上らなければならないのです。わかってくれる人でうれしい、と運転手さんはご機嫌になり、その後もなんだかんだ話していました。

「これから、温泉三昧でワインパーティー?」

(あ、荷物のワインに気が付かれたか!)。そうですよ~。すね毛も見せ合う勢いです。

「でも最近の子は、すね毛見せてもすっぴんは見せたくないんだってね~」

あはは~。わたしたちは常にすっぴんですわ。

なんて会話をしながら部屋へ。

そういえば、いろんな温泉に行くけど、割と化粧を落とさないで髪も洗わないで入っている人がいますよね。せっかくの温泉なんだから、足の先から頭のてっぺんまでさっぱりすればいいのに、と思っていたんだけど、あれはすっぴんになるのが嫌だからなのか。しかし、風呂の中で化粧を落とさず頭も洗わないとなると、いったいどこできれいにするんでしょうね。化粧をしているからきれいだからいいって感じなのか? 以前にキャンプの引率に行った時に、確かに風呂から上がってきたら、日本人女性スタッフで髪の毛まで洗っていたのはわたしだけだったが。でも、化粧なんて気持ち悪くて嫌なだけですよねえ。エコエコいうなら、まず、化粧とか髪の毛のブローとかをやめればいいのにね。

など、どうでもいいことを話しつつ、部屋のドアをあけると。あら素敵。あの汚い部屋とは思えないリフォーム完成。しかし、写真は撮り忘れ。

間接照明しかないので、薄暗い部屋の中で、きゃいきゃいと喜び。管理室の売店でトイレットペーパーを買って、出前をしてもらえる寿司屋のチラシをもらって。

温泉に入り、出前の寿司を食べ、ワインを飲みながら屋上に出て夜の海を見て、部屋に戻ってまた温泉に入って、布団でごろごろしながらワインを飲んでたくさんおしゃべりをして。

たまにはテレビもネットもない生活もいい。

朝起きて、朝ご飯の前に温泉。朝寝、朝ぶろ。これでお酒があったらオハラショウスケさんになってしまう。

などと思いつつ、楽しい週末を過ごしました。

温泉のおかげで肌がつるつる。
posted by しの at nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:恋愛・結婚