So-net無料ブログ作成
検索選択

クリエ [好き]

クリエって、クオリアが語源なんだよね・・とか、そんなどうでもいいはなしをどこで聞いたんだったかな・・?


 


ご心配おかけしています。(されてないかも?^^;)
しのとは少しずつ会話が増えてきました。
まぁあせらずぼちぼち。


先日、しのからの小包が届きました。
喧嘩(?)する前にしのが送ってくれたもので、中にはお下がりのクリエが入っています。
これでケイタイカメラよりも画質の良い写真をしのに送れるということで。


それで、ああでもないこうでもないと新しい機械と格闘していたのですが、とうとう電源を入れることに成功したところ、昔のしののデータが一部残っていて・・それはまだ髪の短いしのが、カメラに向かって「くろすけ、だーいすきv」って、うふふvって笑ってる動画でしたー。涙
おかげで一日仕事が手につかず・・。


はー・・しのにはやく会いたいよう・・。
って、来週の今頃にはもうしのは日本にいるはずですが。ドキドキ・・


nice!(0)  コメント(2) 

写真 [好き]

昨日はメッセンジャーですこし長めの会話をした。
落ち込んでいる僕のために、しのは前日にマーケットで買ったピアス写真を見せてくれた。
ピアスはとってもよく似合っているけど、しのの表情が疲れていて、申し訳なくなる。


僕って、しのにちょっとつれなくされたくらいでどうしてこんなに落ち込んでしまうんだろうか・・。 <愚問ですが・・・;


 


ピアスの写真のお返し(?)に、僕は最近した手の怪我の写真を送った。
写真にとって見たら、僕もしのと同じ疲れた顔をしていて、すこしおかしくなってしまった。
お互いに、お互いが必要なんだよね。うん。


あせってごめんね。
ぼちぼちいこうね。


nice!(0)  コメント(0) 

やもめ暮らし・・ [業務連絡]

ここ数日の記事の流れで、しのは疲れてしまったようで・・・
ちょっと、僕の相手を休憩中です。


どこが問題だったかということはたくさん話し合って、
多分、お互いに問題点も解決策もわかっていて、
だけどお互いの気持ちがその解決策を受け入れるのに
少し時間が必要・・ということなんだろうと思います。
(僕に思いやりが足りないとか、理屈っぽいとか、そんなことです。)


 


そんなわけで、少しの間(たぶん・・)やもめブログになりますので、
しのの記事に下さったコメントへのレスは少々お待ちください。


nice!(0)  コメント(0) 

昔のSitcom [ちょっとまじめに]

いま、女性同性愛者のドラマって言うとみんなL Wordを上げるけれど、残念ながらわたしはそれは見ていないんです。わたしにとって女性同性愛者のドラマ(ってか、Sitcomなんだけどさ)というと、Ellenです。

まだ、結婚をしていて息子も小さかったときに見ていたのですが、これって、1994-1998年なんですね(息子の生まれた年にはじまってんじゃん。たぶん、授乳しながら見てたな)。シーズン1からみていたのですが、ほかのこういったアメリカンSitcomと違って、主人公のEllenが恋をしないんです。それがすごく不思議で。そうしたら、シーズン4(1997年放映)で、かの有名な(って、誰も知らんと思うけど)、The Puppy EpisodeでEllenがカミングアウトをするんです。

とある動画配信サイトでEllenを見つけて急にそのことを思い出しました。

Wkipediaをみると、Ellen DeGeneres(Ellen役のコメディエンヌ)がこのエピソードに先立って、The Oprah Winfrey Showで自分のセクシュアリティーを公表したのだそうです。知らなかったー。Oprahとか見てなかったから。

その頃のエピソードでは、Ellenはセクシュアリティーを理由に本屋を首になったり、自分の母親から受け入れてもらえなかったり。自由奔放でいい加減の代名詞というキャラクター設定なのにじくじく悩むので、見ていて居心地が悪かったのを覚えています。

その後、シーズン5に入っちゃうと、女性同性愛者の恋愛を描くようになるんだけど、なんか話として退屈になるんですね。視聴率も下がって打ち切りになったようです。

そのシーズン5のエピソード14でEllenが恋人旅行に行くのですが、そのときにホテルのチェックインで喫煙室のキングサイズが間違って予約されていています。そこで禁煙室にしてくれ、と頼むと、

「ええ、いいですよ。ああ、禁煙室なら、キングサイズじゃなくて、ツインの部屋しかないですけど、よかったですねー、ベッドがふたつになって」

と、ホテルクラークに言われて、Ellenと彼女のガールフレンドがごちゃごちゃとするシーンがあります。同性愛者であることは恥ずかしくないし、ほんとのことを言ってやれーとか二人でこそこそと盛り上がりつつも、ついついじゃんけんをしてしまったりする二人。これを見ていて、はっきりしろよー、と思ったりもするんだけど、たぶんわたしも自分が当事者ならば、うじうじとわけのわからない言い訳を並べるんだろうな、と思いました。

こんな風に、他者に対しては厳しいわりに自分に対しては甘い・・・というか、やっぱりどこかにホモフォビアを抱えていることに対して忸怩たるじくじく思いがあります。

なので、自分に対しても厳しく、こんなホテルの場面だったら、キングサイズを迷いなくほしいと言えて、同じような厳しさを他者に求めるくろすけの前にいると、自己嫌悪とくろすけに対する甘えとその甘えが許されないような寂しさを感じて、小さく小さく丸くなって海の底に沈みたくなることがあります。


********************



シーズン5 エピソード14 Escape from LA
ホテルのクラークの前では、じくじくうじうじするんだけど、最後の水族館のシーンでは子供相手に「わたしたち、レズビアンなのよ」と言い放つEllenがちょっとかっこいいかも。



nice!(0)  コメント(6) 

果たしてチーズは腐るのか。 [業務連絡]

チーズはかびる。かびたチーズは食べることができないけど、わざとかびさせたチーズはおいしい。

でも、チーズは腐るんでしょうか。腐るといえば、もともと発酵食品だからすでに腐ってるのか。

どうなんでしょう?

2005年の9月に日本に行き、くろすけと再開したときのことです。

チーズが好きなくろすけのためもあるし、赤ワインのつまみとしてもおいしいので、ブリーチーズをスーパーで仕入れました。それをすっかり忘れて、夜に赤ワインを飲みながら、なんかつまみが足りないなあ、変だなあ、と思っていました。

翌日、わたしのリュックサックの底からすっかり温まり、油が浮き出し、とけきっているブリーが発掘されました。9月といえどまだ暑いですから。

ブリーは密閉真空包装をされていて、溶けてはいるけれど形が崩れているとか中のやわらかいところが流れ出しているとかそういうことはありません。見た目にも白以外のカビは見えないし。

というわけで、冷蔵庫に戻してみたら、夕方にはごくふつうのブリーに戻っていました。匂いも色もおかしくないので、くろすけになにも言わずに食べさせました。

翌朝、くろすけは特に便所に駆け込むということもなかったので、たぶんチーズは腐らないのだろうとわたしは思います。

以上、禁断の人体実験の結果報告でした。いままで黙ってたんだけど、くろすけとちょっと言い合いをしてむしゃくしゃしているので、過去話を暴露して、わけのわからない意地悪をしてみています。

ええ、そうよっ。わたしは鬼ネコよっ。うぇーん。


nice!(0)  コメント(6) 

どうなんでしょう。タラタラと疑問を連ねてみました。 [かなりふまじめ]

自分で疑問に思ってたこととか、いろいろ適当に考えて書いているので、不愉快に思う表現がでてくるかもしれません。それでもええよー、って言う人は、読んでみてくださいな。

続きを読む


nice!(0)  コメント(11) 

不便なこと [業務連絡]

2DKで広々快適な宿舎生活ですが、不便なことがいくつかあります。


 


駅に近くないとか、コンビニが近くないとか、スーパーが近くないとかそういったことは東京が便利なんだということで、特に不便だとはいいませんが(バイクでしか買い物にいけないのでコンビニのおでんが食べられないのは寂しいけど・・)、なにはともかくもっとも困っているのは、


宿舎宛の郵便物がすべて総務を通して仕事先へ配達されるのです・・。


自宅から転送されてくるダイレクトメールクレジットカードの明細をいちいち事務の人から受け取るのも恥ずかしいですが、しのからの国際郵便が頻繁に届くのがとても恥ずかしい今日この頃・・。
こちらで仕事をはじめた当初から頻繁に届く国際郵便をみんなに気にされていたらしいのですが、先日の歓迎会以来、婚約者(女性)からのものであるとはっきり認知されているので、わざわざ所長さんから「郵便物が届いています」とかメールをいただいてしまうと、私用ですいません・・・、と思ってしまいます。
でも郵便物を受け取る方法がこれしかないので仕方ないのです・・・。通信販売も気軽に使えないし、かなり不便です。(しのからの郵便はちょっとみせびらかしてる気持ちも無きにしも非ずですが)。


しのが来たときのためにワインをダースで買っておくとかしたいのになー・・・。シクシク


nice!(0)  コメント(3) 

ちょっとこれは許せないです。 [ちょっとまじめに]

禁断のレズパーティーに日刊ゲンダイ本紙女性記者が潜入! (ゲンダイネット)

この記事、ひどすぎます。

日刊ゲンダイが下品なメディアであることは知っていますが、それでもこのような書き方をすることは許されないのではないでしょうか。そして、この記事をInfoseekがわざわざ掲載する意味もわかりません。とりあえず、Infoseekに抗議のメールを送っておきました。回答を待ちたいと思います。

記事には突っ込みどころがたくさんあるのですが、いま、ちょっと沈んでいるのでうまくまとまらないです。ごめんなさい。

こういうことがあるたびに、小さな声で抗議をしたいと思っています。


nice!(0)  コメント(6) 

冬の思い出 [かなりふまじめ]

冬に日本にいったときにくろすけが風邪を引いて咳が止まらなくなり、とても苦しそうでした。

すごく心配しました。




激しく咳き込んだあと、わたしが大丈夫かと聞くと、お約束な感じでくろすけは自分の手を見つめ、




言い放ちました・・・。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4) 

弱り目に祟り目・・・ [業務連絡]

財布をなくしてしまいました。

木曜日の夜にボランティアワークに出かけたとき、いつものジーンズ(一本しか持ってないのよ、ほほほ)ではなくて、どうせボランティアの仲間しかいないしって思って、だらけたズボンをはいていったのです。普段は財布はジーンズの後ろのポケットに入れ、鍵はカラビナでベルト通しにつけています。そうするとかばんなしで楽なんです。・・・くろすけのまねをしてるんだけど。

で、だらけたズボンなので鍵と財布を手に持っていたのです。なれないことってするもんじゃない。車を止めてボランティアのセンターに歩いていく途中で落としてしまったらしいです・・・。

財布の中には、国民健康保険証と運転免許と銀行のカードとクレジットカードが入っていました。現金はなし。カードのサインは漢字でしてますから、使われる心配もないし。ほかのものは再発行は簡単にできるし。なので打撃はない・・・です。生活費の引き出しがちょこっと面倒くさいけれど、それも銀行でなんとかなるようにアレンジしてもらったし。

あの財布、くろすけとおそろいの財布だったんです・・・。デニムのざくざくした感じが好きだったのに・・・。

まあ、でも、所詮はものですから。失くしたとあれば、あきらめるしかありません。

でもでも。それ以上に、あきらめきれないのは。

財布の中に入れていたくろすけの写真です・・・。そりゃあ、それこそデータはPCに入ってるから、何枚でも何枚でも印刷できます。でも、誰かが財布を拾って、中性的で整った顔立ちをしていてなおかつ女性の美点を余すところなく持っているくろすけの写真を見て、きっと恋をしているのに違いないー。大事に机の引き出しにしまったりして、どこの誰かは知らないけれど、って月光仮面にあこがれる子供のように憧れをささげているに違いないー。やだー。わたしのくろすけなのにー。

泣けちゃいます。


nice!(0)  コメント(6) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。