So-net無料ブログ作成
検索選択

分岐点その3 -依存すること 2/2 [追想]

つまらないことで気がめいっていてごめんね。でも、ときどき、どんなに近くにいても、受け入れてても、くろすけに拒絶をされているように感じる。君なんて要らないんだって。それは別に、どういう言葉遣いとかそんなんじゃなくて。現実的に必要な(利用価値がある。悪い言い方をすれば)人はちゃんといて、その人のことは必要としているから、きちんとそばにおいておいて。少々不愉快でも嫌いでも、自分の人生に関与させている。わたしはくろすけの人生には関与していない。少なくとも積極的には。はっきりいって、そういった現世的意味では全く利用価値がないからね。

そんなことは分かっているから、いいんだよ。だからどうしろというのではない。でも、最近、いろんな形でそういうことを示されてきたので、ずっと凹み続けていて。

でも、それはくろすけにとっても同じだしね。

そういう意味では、違う世界に住んでいるんだな、と、距離を感じてる。違う銀河でお互いにその銀河の中で運行している星みたいだなって。遠くから懐かしく見ているだけ。

しょうがないね、こんなことを言っても。

必要としている人から、必要とされるべき何かを持たないというのは、切ない。
それをほかの人が満たすことができるのをみているのも切ない。

でも、しょうがない。あきらめているから。

だから、心配しないで。くろすけのせいじゃないし、そのうちまた元気になるよ。

いい一日を。そう願うしかできないけど。

 

 


落ち込んでいるところに追い討ちをかけてしまうかもしれない。
・・・朝は読まないほうがいいかも・・・。


物理的な距離とこころの距離をしのは切り離せないものに感じているようだけれどそれは僕にとってはそうではない。こころの距離っていうのは依存だと思う。相手の存在を求めること。
どんなに物理的距離が近くても、僕は寄りかからない。依存しない。(もちろん、触れたいと思うこともない。)


物理的に手の届く距離にあれば、利用できるものは利用する。何も利用しないで世の中を渡っていけると云えるほど僕は強くもないし世間知らずではない。だけど自分や相手を偽って利用することはしない。僕が与えられる範囲で受け取れるものしか受け取らない。それで生き残れないならばそれは仕方がないと思っている。
利用価値があるからそばに置くわけじゃない。
それがなくても僕は何も変わらない。


> 必要としている人から、必要とされるべき何かを持たないというのは、切ない。それをほかの人が満たすことができるのをみているのも切ない。


僕はしのを必要としているよ。
しのが在るということ、僕を受け入れてくれること。
愛してるっていってくれること。しのの喘ぎ声。


僕が君に必要とすべきものってなんなんだろう。
それで、誰が「それ」を満たしているとしのは思っているんだろう。


僕はひとりでも平気だっていうのは、ほかの人がなにかを埋めるからじゃなくて、とっくに埋まらないままに生きる覚悟をしているから平気なんだ。そこはしのにしか触れて欲しくない。しのにしか埋められない。


・・・だまって待っていられなくてごめん・・。
しかも、何回見直してもすこし感情的っぽい・・・。
大事なことは、ほかの誰でもなくしのを愛してるっていうことなんだけど。


それじゃあ、ハープが上手くひけるように。


2005.11.1


 


 


 



このときのメールが、しのに依存してることを言葉にした初めだったんじゃないかと思う。
誰かを必要だと口にすることは、それまでの自分の世界を壊すようなこわさがあって、言葉にしなくてもわかって欲しいとか自分勝手に考えていたことに気づいた。


感情を言葉にすることで感情自体が影響されることってある。
このメールを出してから、僕はしのなしでは生きていけない、と思うようになった。


 


・・・というわけで、今にいたる、かな?
最近ようやく新しい仕事が落ち着いたので、しののところへ行っている間に書きかけだった記事を終わらせておきます。


nice!(0)  コメント(4) 

ひとりえっち [ちょっとまじめに]

相手のことを考えてするひとりえっちって、恋人を抱きたい(抱かれたい)けれど、そうできない寂しさを紛らせるためにするのであれば、何を再現することで相手を感じられるか、ということによって方法が変わってくると思うんですよね。


僕の場合は、腕を組んで、目を閉じて、しののことを想像します。
しのの声を聞きながら、しのに触れることをじっと我慢する。そうすると、しのは隣にいて、僕はしのにふれるのを我慢している。
あるいはしのの体温ややわらかさの記憶を指先に思い出します。
この間完全にフリーズ状態で現実世界の触覚はシャットアウトします。
傍から見るとただの固まってるひとですが、僕にとってはしのとのセックスは「見る」ということにとても重きがおかれていて、それは単純に視界に入ってくるもののことではなくて、僕がしのとのセックスにおいて「見ているもの」をできるだけ再現する、ということが僕にとってのマスターベーションなんだと思っています。


 


 


 


唐突にひとりえっちについて語ってみました。^^;


nice!(0)  コメント(2) 

Lazy Afternoon [業務連絡]


今日のひとりごとでスターダストレビューのLazy Afternoonとかいっています。




この曲はスターダストレビューが1986年(!!!!)に発表したCharmingというアカペラ中心のアルバムに入っている曲です。このアルバム、本当にチャーミングなアルバムで大好きです。「上を向いて歩こう」「星に願いを」みたいな定番もいいし、松田聖子が歌ってサン○リーのペンギンが出てくるビールの宣伝に使われた「Sweet Memories」もとってもいい。あの宣伝、好きでした。ビールの缶もかわいくて。




懐かしくて、ネットで調べてみたら、スターダストレビューってまだ活動してるんですねー! 驚きモモの木、山椒の木、ブリキにタヌキに洗濯機~やって来い来い大魔神~。メンバーは少し変わったみたいだけど。




…あ、年齢がばれそう(爆)。






とりあえず、猫のまったり午後。








PS: ねえ、くろすけ、このころ、CDってまだ出始めでね。歌詞カードの後ろに「コンパクトディスクは音楽最前線」とか言って説明が書いてあったりするんだよ。中島みゆきが「歌暦」のライブ録音をCDのみ発売して、「レコードプレーヤーしか持ってないけどとりあえず買ってみました。レコード針落としたら聞けそう」なんて投書がみゆきさんのオールナイトニッポンに来たり。練習スタジオの重い扉。シンセサイザーでの音作り。ゲリラバンド。宝ヶ池の大判焼き。書庫の古い紙の匂い。そうだね、くろすけにこのころのわたしを会わせたい。つらいこともたくさんあったけど、いまから振り返るときらきらとした木漏れ日でなんだかとても幸せな記憶ばかりかえってくるよ。


nice!(0)  コメント(10) 

分岐点その3 -依存すること 1/2 [追想]

変かもしれないけど、くろすけがわたしと関係のない部分を持っていて、そこで楽しくしているのを見ると安心するの。ちょっとさみしいけど、でも、安心する。


なんとなく、わかるよ。しのが僕にとってのすべてだったら、それはそれで苦しいだろうと思う。お互いにね。だから僕は僕の世界を失くさないし、君も君の世界を大切にして欲しい。
だけど、どんなに楽しくしていても、ここにしのがいたらなあって考えているし、しのが呼べば、僕はいつでも君のものだから。


2005.10.9


 


 


 


しのと会う以前の僕の世界は自己完結していて、誰も必要としていなかったし、されることもないと思っていたし、その孤独はとっくに自分のものになっていて、とても自由だった。


しのと付き合い始めたはじめのころ、しのと一緒にいることは望むことができなかったから、僕がひとりでいることをしのがつらく思わないように、「ひとりでもだいじょうぶ」だと、何度もしのに言った。それまでも誰にも依存してこなかったから、しのがそばにいられなくても、しの以外のひとに依存なんかしない、そういうつもりだった。
だけど同時に、「ひとりでもだいじょうぶ」だと口にすることで、しののそばにいられない寂しさを誤魔化していたのだと思う。


それでも、はじめのうちはふたりでその誤魔化しを共有していた。


nice!(0)  コメント(0) 

警察に捕まりました。その2 [プロフィール]

しのの記事を読んでいたら我慢できなくなりました。
僕は、駐車違反やスピード違反ではなくて、猥褻物陳列罪で逮捕だそうです。しのいわく。笑


それでは・・

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

警察に捕まりました。 [プロフィール]

ええ、くろすけの写真がエロくってエロもの隠匿罪ですわ。こういうちらリズムは本当のエロと想像力を刺激するのでいけないんだそうです。想像力を刺激するのは違法なんだってー。

丸見えとかもろだし(相撲?)みたいな想像力を刺激しないものしか青少年に与えてはいけないそうです。その想像の余地の無さに退屈しながらも、想像力を必要とするエロはめんどくさい。だから、想像力を必要としないものを同じようなものばかり大量にほしがるように仕向けているらしい。そうやって退屈さを想像力ではなく下品な映像でごまかすことで、想像力の芽を摘んでしまおう、という陰謀が進行中のようです。政治の
行方とか他者の痛みとかそういうことが想像できないようにしようと政治界産業界出版会などの間で灰色の癒着があるみたいです。

政治が低迷していて、おばかな政治家がはびこるいまこそ!
ちらリズムの復活を!
ちらリズムエロで想像力の育成を!

続きを読む


nice!(0)  コメント(10) 

えっちな写真 [かなりふまじめ]

今日はしのの裁判の日でした。
それで、朝に弱いしののために、8時に起こす約束をしていました。
8時に声をかけてもしのはうにゃうにゃいっています。
「何かごほうびがないと起きない。」
とか、むちゃくちゃいってます。


「今度会ったら、四つん這いになってえっちなキスしてー」ともいわれたのですが、それはしのの役なので、「えっちな写真を送ってあげる」(なんで起こしてあげてこんなことに・・笑;)というと、しのは元気に飛び起きていました。
まあ、明るい気持ちで出かけて欲しいしね。たまにはいいことにしよう・・。


いまはしのは写真を見ながら鼻歌を歌っています。
裁判のほうも無事終わったようです。


とりあえず、よかったよかった。


nice!(0)  コメント(5) 

裁判 [業務連絡]

今日からしのの裁判がはじまります。
とにかく、どんな結果でも前に進むといいな、という気持ちです。


しの、大変だけど、がんばってね。


nice!(0)  コメント(2) 

疎外感 [ちょっとまじめに]

しのも赦せないって思う?


許せないとは思わない。
そういう問題じゃないから。
寂しいけど。
でも、電動こけしを入れてみるわけにもいかないしね。笑


入れてもいいけどね。それで気が済むなら。


すまないよ。
わかってるからしないの。


 


 


 


しのは僕の昔の恋人に嫉妬している。それにはいろいろな意味があると思うけど。そのひとつの側面として、自分がみたことのない僕がいるから、という表現を時々使う。
しのとのセックスが僕にとってどれだけ気持ちよくても、男の人とセックスをしている状態の僕をみることができないから、と。それについては、しのが男でない以上どうしようもなくて、だから、根本的に解決できない問題なんだけど。しのも別に男になりたいわけではなくて、ただ、不可能が存在しているだけで。


今までに解消できた問題もあるし(僕が服を脱がないこととか)、こういう風に残ったままの感情もあって、今後ふたりの間でこの問題がどうなっていくのかもわからないけど、とにかく、こういう感情の存在をふたりで共有することで、問題がそれ以上大きくなることを防いでいる気がしている。


nice!(0)  コメント(3) 

穢れてしまったわたし・・ [かなりふまじめ]

今日は息子が来ている日。息子にお茶をいれてもらい、わたしは夕飯の支度をしていました。菜食主義にファッションでなった息子なので、食事はめんどくさく菜食(たまご、牛乳製品OK)を作らないといけません。今日はチックピーとくるみのハンバーガー。

たまねぎフードプロセッサーに入れてみじん切りにして、そこにチックピーの缶詰の汁を切って入れてくるみも入れて再びがーっと回して細かく砕けたら、塩コショウとかガーリックのつぶしたのとかハーブとか適当に足します。今日はカレー粉を足して香りをつけてみました。それで卵を入れて小麦粉を入れて適当に硬さを調節して。適当に丸く形を作ってオーブン180度で30分。

ピタブレッドにレタスとネギの小口切りとチックピーバーグとチーズを入れてサワークリームでいただきます。

すごく作るのは簡単です。もう全部フードプロセッサーでやっちゃう。

そうしたら、息子がCDをかけていた曲が聞こえてくるんだけど。どう聞いても

I love you when you come.
But you never come.

とか歌ってるじゃないですか。

明るい健康的なメロディーのくせしてなんてえげつないことを言うんじゃ! お前のそういう態度がイけない原因じゃ!

こういう場合、わたしは息子に直球勝負をします。

「息子さん、その曲は非常にエッチですね」
「・・・あの、I love you when you callと歌ってるんですが」

ああ、わたしって穢れ切ってる・・・。涙。


*****************
まあ、こんな風に笑えるくらいなので精神状態は回復しているのか、と。

件のチックピーバーグは形を作る際ネタがやわらかいので手では難しいです。わたしは適当な大きさの缶詰の上と下をはずしたものをオーブン皿の上においてその中にスプーンで入れて形を作っています。大きいクッキー型でもいいと思います。


nice!(0)  コメント(6) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。