So-net無料ブログ作成
検索選択

悪夢と悪夢の間に [好き]


裁判の書類などが来て、目を通したりしているうちに、胸が痛くなり息が苦しくなりめまいがおきて、倒れてしまいました。それでも、裁判所にいったりしなければいけなくて、途中で友人とちょっと話したりして、夕方過ぎにはだいぶん調子がよくなって来ていました。




でも、寝る前になるとまた胸の痛みそのほかが戻ってきました。くろすけと話すのも呼吸がままならなくてうまく言葉が出ないくらいです。そのままベッドに入ったのですが、朝の4時ごろに不安な夢を見ておびえながら目を覚ましました。ちょうどくろすけが宿舎に帰ってきていたので、スカイプをつなげてもらって少し話してそのまま寝れたらいいな・・・と思っていました。




寝ると悪夢を見ます。よく覚えていないのですが。それで、目を覚ますと、ベッドルームにくろすけがいて、大丈夫だよ、と笑ってくれたりします。うん、ありがとう。と言ってくろすけに甘えかかろうとすると、それも夢でした。そうすると耳にかけたまま寝ていたヘッドフォンマイクが引っ張られて取れて壊れてしまいました。




ああ、どうしよう。新しいのを買おうと思えば5000円もするのに。お金はどこから出したらいいんだろう・・・。とあきらめ悪く直らないものかと切れた銅線をつなごうとしてみたりしました。




するとくろすけが、大丈夫だよ、壊れてないよ、ほら、と言ってヘッドフォンを元に戻して耳にかけてくれました。ね大丈夫でしょう、といいながらわたしの頬を両手で挟んでくれて。わたしがとても好きなくろすけのしぐさ。ひんやりと冷たくて優しい手に挟まれて安心して、うん、と大きくうなづいたら。




今度こそ、ヘッドフォンマイクが引っ張られて耳から外れてその痛みで目を覚ましました。




そのあとも、スカイプをつなげたままで、浅い夢をいくつも見たり、夢うつつにヘッドフォン越しに聞こえてくるくろすけの窓の外のすずめの声を聞きながら休んでいました。




こういうときにそばにいてもらえないというのは本当につらい。それも自分達が選んだことだから仕方がないのだけど。一緒にいれるカップルが本当にうらやましい。一緒にいることができるというのは当たり前みたいに思うかもしれないけれど、稀有に幸運なことなのだと思います。




まあ、スカイプとかメッセンジャーとかあるから、こういうものがなかった10年前に比べればずっとずっとましなんだけど。それでもくろすけの手が恋しい。そして、こういう風に何層にもなっている夢というのは本当に現実感があって。今でも頬の上にくろすけの指を感じられます。感じられるのに、いないんだよね…。


nice!(0)  コメント(2) 

ひとりごと [好き]


最近、なにかきちんと表現をしたい・・・と思うようになってきた。きちんと、というのは自分の基準なんだけど。ちょっと忘れていた感覚かなあ、と思っています。




その一環だと思うんだけど、ばかみたいな勢いでHPを作ったり、その一部に「ひとりごと」なんてものを作ってみました。写真日記。使ってるのは最新鋭・・・とはいえないオートフォーカスデジカメなので、まあ、あれなんですが(あれってなんだ?)。実は表示機能とかおかしくなりつつあり、いつ死ぬかちょっとどきどきしています。それでも自分が納得いくまでとりあえず撮ってみる。そんな感じです。最後に一仕事してもらいます、カメラちゃん。




デジカメっていいですね。フィルムと違っていくらでも撮りなおしができるから。フィルム代や現像液代、印画紙代なんかを気にしながら撮らなくていいから、気が楽?かな?




ログは残さないの?とくろすけに聞かれました。残さないよ、と答えると、




「それならマメにチェックしないと」




といわれて、うれしいわたしです。






これは没になった写真。おしべに虫が・・・。


nice!(0)  コメント(2) 

おなかぽっこり [好き]


今日はカレーにするぞ、と特に理由もなく昨日から意気込んでいました。息子を迎えに行って、




「今日はカレーだからね」

「え・・・」

「なんか文句あんの?」




という具合です。




スーパーで剥き車海老が安くなっていました。200gで500円。けちけちしてもつまらないので2パックお買い上げ。足りなくて後悔するくらいなら、食いすぎて後悔するほうがいい。ココナッツミルクを買って、トマトピューレを買って。




息子にたまねぎにんじん、じゃか芋を小さめに切らせます。大きくてもいいんだけど、1cm角くらいの小ささが好きなんです。ガーリックをいため、たまねぎをいため、そのほかの野菜をいため、トマトピューレを入れて。




「このときに、砂糖を小さじ半分足すのがコツだ。トマトの酸を中和するからな」




などと講釈を垂れつつ料理をします。カレーパウダーは近くのハーブ屋さんのものがおいしいのでそれを小さじに山盛り三杯。それからココナッツミルクを入れて。いちいち缶に残っているトマトピューレやココナッツミルクの味見をする息子。




「げー、ピンク・・・」




息子は鍋を覗き込んで気持ち悪がっています。




「煮込んだら、色変わるから」




それから1時間半煮込みます。いったん火を止めて。




ガーリックとしょうがとコリアンダーシードを乳鉢でよくつぶして。熱したフライパンにバターをたっぷり入れて、そこにガーリックのペーストをいれ。匂いがたったら剥き海老を一気に入れて、ハーブを足して、カレーパウダーも足していためあげます。それを刻みレタスの上において。食べる直前にカレーソースにもう一度火を入れて。




雑穀米にゆで卵を添えて、野菜カレーソースと海老と一緒にいただきます。レタスも一緒に食べちゃう。タンドーリ風ですな。




で、残った海老はカレーソースに突っ込んで海老カレーにすればいいわい、と思っていたのに、それをすっかり忘れていて。全部食べねば、と息子にも食え食えと食わせ、わたしもおなかが破裂するほど海老を食べた、というわけです。




くろすけがいたら、きっと、ゆっくりゆっくり味わいながら、最後まで全部おいしく食べてくれるんだろうな、と思いつつ。そっくり返ってぽっこりおなかをさすっている次第です。


nice!(0)  コメント(2) 

空の飛び方 [追想]


画質が悪くてスイマセン・・・。
宿舎のひさしに作られたすずめの巣です。
朝夕にぎやかです。



しのと初めて会ったのも丁度今頃で、鳥の子育ての季節でした。


しのの部屋の窓を開けると目の前が垣根になっていて、そこで毎朝6時くらいにすずめが飛ぶ練習をしていました。体育の先生が吹く笛の音のように、ピッピッピッ、という規則正しい親鳥の泣き声と、その後を追いかける雛?の騒がしい泣き声がおかしかった。



あれから2年経って、ふたりの関係も大分落ち着いたなーってしみじみと感じています。


これからもよろしくね。>しの


nice!(0)  コメント(2) 

ホームページ開設しました。 [業務連絡]

二年前の6月26日はよくはれていました。武蔵小杉の駅前に夕日が差し込んでいたのを覚えています。そこでくろすけのことを待っていたら、するすると黒いバイクに黒い革ジャン、黒いヘルメットの、黒尽くめのくろすけが現れたのでした。

それから二年。

はじめて会ったころは一緒の時間を重ねることになるとは思ってもいませんでした。いまではお互いがいなかったときがあったことが信じられないくらいです。

二周年を記念してホームページを開設することにしました。・・・というか、つい4日前に急に思い立っただけなんですが。

 ここです。

これからもよろしくお願いします。

もし、リンクをしていただけるならHPのトップページからしていただけるとうれしいです。また、すでにリンクをしてくださっている方も変えていただけると幸いです。お手数おかけします。リンクをさせていただいた方にはのちほどご挨拶に参ります。

隠しリンクもありますので探したりして楽しんでみてください。

もしよろしければ、感想など聞かせていただけるとうれしいです。


nice!(0)  コメント(4) 

お嬢様と下僕 [触れる]


 


このときは
ピアスネックレスだけ身につけさせて
天井のフレームに手を拘束したのでした。


感じて身をよじる姿や
白い身体と上気したほほの色合いがきれいで
きれいだよと耳元でささやいたときに
しののほほをつたって胸におちた
涙のしずくに
くちづけて
しののなかに深く深く沈んだ。



こういうときの、自分の中での尊大さと謙虚さが微妙なバランスでせめぎ合う感じが好きです。しのの足の爪にマニキュアを塗ったり、つま先からなめたりするときも。
しのの手を解いた後に、水を持ってきなさい、って命令口調で云われるのとか。


従順と反抗のふたつの概念が混在する状態をふたりで共有しているというか。



猫は、人間って・・・という目で眺めているけど、僕はしのとこういう「遊び」をすることがとても楽しい。
それで、しのがこういうことにまんざらではないひとでよかったなと思う。笑


nice!(0)  コメント(3) 

雨降りお月さま [業務連絡]

 


   


 


暗い部屋に二人で座って、窓の外の雨の音を聞きながら、いまにつながるいろいろがはじまった。 


 


・・・てなわけで、ホームページ作成中。わたしのすることなので、いつになるやらわかりませんが。途中で投げ出すかもしれません。早く見たい、なんていってくださる方、いますかね?


nice!(0)  コメント(4) 

もうすぐ二年。 [好き]


もうすぐ二年だね、という話をしていました。




はじめて会ったころ

しのに会えるとうれしくて。

しのが笑うとうれしくて。

会いたくて仕方がなくて。

どうしたら毎日会えるか考えていたよ。




と、くろすけ。




それはわたしも同じだった。




でも、あのころくろすけがなにを考えていたかはよくわかっていなくて。だから、いまになってですが、わたしに会えてうれしかったんだって、会いたいって思っていてくれていたんだって、そういうことがわかってとてもうれしい。いまさらかもしれないけれど。でも、うれしい。




えへへ。








うーん。いい年して、こういうのはどうかと思うけど。人を好きになる気持ちに年齢は関係ないしね。好きな人に会いたいと思う気持ち、会えたらうれしくてちょっとスキップしちゃったり、好きな人が笑うとほんとに心がほわほわになって、すねてる顔も、寝ぼけてるぶーな顔も、どれもこれも愛おしくてね。




それとも、大人になると、そんなふうに人を好きにならなくなるのかなあ?? それなら大人になるのってとってもつまらない。


nice!(0)  コメント(2) 

半分 [業務連絡]


くろすけが帰ってもう2週間以上たつんだな・・・と思っていました。




食費が半分になりました。




掃除をしてもそれほどいろいろなものが汚れていません。




家の中が広々していて、散らかりません。




お風呂に入ると湯船の中でのびのびできます。




ベッドの中で好き放題大の字になって寝返りをじたばた打てます。




お揃いのカップはひとつだけどんどん茶渋がついていきます。(←洗え)




紅茶を入れるときも、ティーバックはひとつでお湯はポットに半分まで。




一人、ということはこういうことなんだな。




もうすぐ夏至なので10時半を過ぎても明るいです。部屋の電気をつけずにいつまでも続くたそがれの青い光の中で一人ワインを飲みながら、こんなものを見ていたりします。







だって、好きなんだもん。笑。

くろすけと一緒に見たら楽しかっただろうな。




nice!(0)  コメント(2) 

母親が来ていました。 [業務連絡]

週末を利用して母親が部屋を見に来ていました。



一応、いつも机の上に置いてあるしのの裸の写真(後姿)は引き出しにしまっておきます。


それで、しののところにいる間にとった



こんな写真や・・



こんな写真を見せていると、母親が


 


寝るときはどっちのベッドに入ってくるの?


と聞いてきました。
ベッドはひとつしかないんだ、といったら、「あら。」とひとこと。
なんだか照れました・・。



ちなみに、しのは寝るときに肩を出して寝るのですが、僕は頭まで布団をかぶりたい派なので、僕の枕は大抵空いていて、猫はそこで主に寝ていました。
(僕はべつに、あんなことやこんなことのために布団にもぐっていたわけでは・・)。


nice!(0)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。