So-net無料ブログ作成
検索選択

電話の声 [触れる]


電話っていうか、メッセンジャーですけど。

前の記事のコメントで、えっちな電話はだめってしかられてるんですが、えっちな電話はしののほうじゃないかー!ということで。




僕がしのの喘ぎ声を聞きたいのを良いことに?最近のしのはかなりひとり上手です。

メッセンジャーではなしていると、朝でも夜でも僕が職場にいてもはじめちゃうくらい・・。

普段はローターと僕の言葉責め?をおかずにすることが多いみたいですが、前回はローターと○○○○○○○(もどき)と○○○○○の3点責めでした。なんてえっちなんだ・・(よだれ・・)。

僕は冷静を装って(<装えていないといううわさも。笑)「そんなかっこでいっちゃうの?」とか「えっちな音が聞こえるよ」とか「みてっていわないとイったらダメ」とか言ってあげるわけですが、しのの体温やらやわらかさやらを思い出して悶絶してます。




でもこんなにえっちにしてしまったのは僕なので(<自慢気)ちゃんと責任とって僕はもっとえろえろ全開にしてますけど。




******************

ばかー

ばかー

ばかー




この、えろおやじー




伏字にしました。

検閲してやった。

思想の自由と表現の自由の弾圧。




しの

******************

少し目を離したすきに伏字にされてる・・

恥ずかしがっちゃってかわいいなーvvv

でも僕のこと思い出して○○○○○しちゃうしのもかわいいのになーv


言葉を飲み込んだのは [好き]


言葉を飲み込んだのは、あのまま話していてもわたしはわたしの感情にこだわるばかりで、言葉にできるはずもないそれを言葉にしてどんどんずれていき、そのずれをくろすけが修正しようと自分の言葉に直してますますわたしの気持ちから遠ざかり、それに対していらだつばかりであることがわかっていたから。




あきらめたわけじゃない。

(多分ね)




おい、くろすけ、

ゆっくりいこう。




わたしは決してくろすけの目を通してものを見ることはできない。




わたしたちがしないといけないことは、相手を理解することではなく、相手の話を聞くことなんだろうと思っている。解釈とかしないで。




うーん。仕事でするととっても上手にできるんだけど(笑)。ほんとに上手なんだから。おかげでボランティアワークもさくさくだよ。その分、プライベートでは理不尽になっちゃうのかな。仕事用の自分じゃないから。




うーん。うーん。

今度、わたしがボランティアの当番の時に、うちのブランチに電話かけてきてください(爆)。




*************

つけたし




なんていうのかな、「理解」っていうとね、相手の話を自分なりに解釈して要約してることが多いじゃない? まあ、正確にそういうことができるのも大事だと思うけど。そういうことをしていると、実は相手にしかできない話を一般的なカテゴリーに入れて類型化してるような気がするんだよ。なんていうのかなー・・・。そういう「理解」じゃなくて、もっと、なんと言うか・・・。要約できない部分、要約されると抜け落ちてしまう部分、そういう辺境の領域が大事な気がする。




人間が経験できることなんて、基本的には似たり寄ったりだと思うんだよ。だから、他者との比較ができるわけだよね。同じ部分が多いということが比較の前提になってるんだから。だから、比較して、基本部分の細い部分の違いでもっていくつかの類型に分けられるんだともうけど。それをもって「理解」としている部分は多いと思うんだよ。だから、いろんなものがスタティックではないダイナミズムでしか語れないものであるにもかかわらず、固定化されて語られちゃうんだと思うんだよ。過去の経験も然り。




わたしたちは変わり続ける。過去の意味も未来のあり方も、自分の個性や存在の意味も。関係も。変わらずにいることは絶対にできない。その変化をそのまま受け入れることを理解と呼べるのなら、わたしはくろすけを理解したい。


いいますよ。 [業務連絡]


実は、わたしはかなり口が悪い。悪いのだ。

とてもお下品なのです。




いっちゃだめ、と思うんだけど。

口に出てしまう。




現地語はほとんど話せないので、お下品もへちまもないけど。

英語だと、もう、F・・・とかB・・・とか、普通に会話の中に出してしまう。




日本語でも。

ことに、くろすけの上司はほんとにおおばか野郎の男尊女卑の性欲の塊なんだけど。

このくそ上司がくろすけにありとあらゆるハラスメントをしてくるので、そのたびに




あいつはくされち○こだ!

ちっちぇえちん○め!

蚤のきん○まのいんきんたむしでカビてるぞ!

なめくじ○んこ野郎だ!




と、罵詈雑言の限りです。




そのたびにくろすけが、




「しの、下品だよ」




ってうれしそうにいうのは愛ですかね?




あー、でも、ここでくろすけの上司に対する罵詈雑言を書いたらちょっとすっとした(笑)。




あの、玉袋顔のエロ親父め。

おめーの玉袋にアイロンかけてしわ伸ばして、それでダッチワイフ作ったるから

くろすけに手を出すんじゃねーよ。

ちん○に血液下がって、まともに脳に血液いかねーから

脳死状態でものが考えられねーんだろうけどな。

だからってかわりに血流最高の○んこでもの考えてんじゃねーよ。

ヴォケェ!




失礼いたしました・・・。

ええと、苦情などは受け付けておりませんので(笑)。


どういうときに抱きたくなるの? [触れる]


と、しのに聞かれました。

基本的にいつでも抱きたいんですけど^^;




それでうーん・・と考えてみたのですが、僕がしのを抱くときは結構中立な気持ちで抱いてるなーって。中立って・・性欲に流されるのでもなく、したくないわけでもない、みたいな?




喧嘩をしてしのをいじめたいとか、月一でむらむらしてるときとかは抱きたいと思うけど、そういうときは自分勝手な気がして抱けない。




しのはしたくなったら結構積極的?にいってくるな・・そういえば。

しのはよく僕の手で遊んでるんだけど、その手をしのの胸の上に持っていったり、僕が軽くキスしただけなのに切なげなため息をもらされたり、じーって潤んだ目で見つめてきたり。




・・・結局、しのは聞かなくてもどうしたら僕がしののこと抱きたくなるか知ってるんだ・・ということにいま気づきました・・・。


廊下側の部屋 [好き]


昨日は僕が仕事のことでしのに愚痴をいっているうちにしのと言い合いになってしまった。

それで、しのはメッセンジャーを立ち上げたまま寝ていたんだけど、僕はしのの寝息を聞きながらさみしくてしくしく・・と、仕事にもいかずに一緒にごろごろしていた。<・・・




そのうちにしのがむにゃむにゃと寝言をいいだして、

くろすけどうしたの?

と聞いてきた。

(喧嘩をしているときじゃない)いつもの優しい声だった。

それで僕は意地悪な気持ちになって<これがいかんのだが・・




しののわからずや。




といったところ




廊下側の部屋?




としのが聞いてきた。




廊下側の部屋がどうしたの?

って、まずい、起きてしまったみたいだ・・

と思いつつ、




しのは僕のことキライなんだ・・




って少し拗ねてみると




キライじゃないよ。大好きだよ。




っていってくれて、それで仲直りしました・・。

喧嘩をしてるときのしのは天邪鬼で、僕のこと嫌いとか会いたくないとか勝手にしたらとか、たくさんいうんだけど・・(僕はそういうことには嘘はつかない。しのはそういうとこ敏感だから。)、しのが好きっていってくれるとたいていの喧嘩はそこで終わる。




そのあと、しのがまだ廊下の部屋がどうしたの?と聞いてくるので「わからずや」っていったことを白状したのですが、朝になったら忘れたようで、また、廊下のはなししてたよね?とか聞かれてしまいました・・。




いましのは出先なのですが、帰ってきてブログみたらまた喧嘩になるかな・・?




わからずやで意地っ張りでたくさんひどいこというしのも大好きなんだけど・・・。


うまくいかない・・・ [好き]


話をちゃんと聞きたいと思うし、

受け入れたいと思うけど

なかなかうまくできなくて。




なんで、追い詰めるようなことをいうの?




っていわれたら、黙るしかほかにできなくて。




自己嫌悪の底に沈んで。




わたしだって不安なんだよ。

もしかしたら、ほんとはって。




くろすけはわたしなんか要らないんじゃないか。




本当にひつようとしてるのはあちらのほうで

だから、なんど同じことを蒸し返されてそのたびにつらい思いをしても

同じ結論に到達するんじゃないかって。




現実的にわたしがくろすけのために何もできないのは確かで

あちらはその力を、まあ多分、ある程度、ほんの少しは持っていて

それが利用価値があることは知ってる。




でも、あちらを利用しなくとも

くろすけなら自分の力でできるんじゃないかとも思うし。




国も違うし、分野も違うから。




そういわれてしまうと、

あちらなら国も分野も一緒だから

あちらのほうがわたしよりも必要だといわれたようで。




やっぱり、最終的には

くろすけはあちらを選ぶような気がして。




一人で、ふらふらする頭を抱えながら

お米を土鍋で炊いていたら

焦がしてしまったりする。




一人だな。

ほんとうに一人ぼっちだ。

こげたお米はほろ苦い。


ほのぼのと [好き]


くろすけが来たときにまきを二人で割った。この記事




おかげで、暖房を入れるお金が十分にないのだけれど(笑)、薪ストーブで暖かです。





ねこ


・・といっても、攻めとか受けとかの話ではないです。<?



しのはねこ科なのですが、先日それが良くあらわれている出来事が・・。




メッセンジャーで話をしながら赤ワインを飲むしの(すでにアルコール禁止令は有名無実化してるし;)。そのときにしのが食べているサラミを猫がとったらしくメッセンジャー越しに騒いでいると思ったら・・




取り返すのはまあ普通ですよね。しつけとかもあるしね。




でもしのは・・




取り返して食べてるんですが・・。




なんか、脱力してしまいました。

かわええ・・


ほんとに馬鹿でごめん。 [好き]


くろすけの下の記事。




泣いてしまって本当に悪かったと思う。




この前のけんかのときに売り言葉で言いすぎてしまってそれでくろすけが傷ついていたことは知ってて、とってもいやな気持ちになっていた。




それで、くろすけとの会話の中で、そのときのいやな気持ちと自分のトラウマが一緒に帰ってきちゃって、泣いてしまって。




ポロって涙がこぼれた瞬間、あ、ここで泣いたらくろすけがまた傷ついてしまう、と思ってこらえようとしたら、かえってぼろぼろと盛大に涙がこぼれてきちゃって。なんでこんな風に駄目なんだろう、なんでこんな風に感情的になってむちゃくちゃになるんだろう。そう思うと余計に涙が出てきて。




いい年をしてるのにね。




どうすればいいとか、そういうことはしちゃいけないとか、わかっているのに。






世の中には理論で割り切れないことが多いです。




そう嘆いていたら友人が笑いながら、アインシュタインの言葉を教えてくれた。




In theory, theory and practice are the same.

In practice, they are not the same.

理論的には、理論と実際は同じだ。

実際には、それは同じではない。




こうやって何度も謝って、何度も泣いて、お互いのことを分かり合っていくしかないのかな。もうこれ以上くろすけを傷つけたりはしたくないんだけど。


傷つけたくない [好き]


今日は(も?)僕がしのを泣かせてしまいました。

もう仲直りしたんだけど。




この間の喧嘩でしのが「したくないときでもくろすけがしたいと思うから無理してしてた」というので、しのがしたくないなら僕もしたくないからもうメッセンジャーでHはしないよ、って、ちょっと意地悪を言い過ぎ、「だっていままでしたくなくてもしないといけなかったから」ってしのが泣き出してしまった。<後から書くとのろけてるようにしか・・・あ、いつもですか;




したくないときにも付き合わされる習慣がついているのはわかる。だけど、僕はちゃんとしたくないっていって欲しい。しののかわいい声も聞きたいけど、しのがその気じゃないのにひとりで興奮してるなんて寂しいし・・。なにより、僕はそういうときは「したくない」んだってわかって欲しい。




まあ、喧嘩のついでにいいすぎてしまっただけなんだろうと思うんだけど・・。それで僕が揚げ足取りをしているうちに、しのの傷に触ってしまったんだと。




いまはしのも落ち着いていて、これがいつか癒える傷なんだっていうのはお互いに確信があるので、なんだか愛おしさがましてらぶらぶしてます。

はやく、言葉がなくてもわかる距離にいられるようになりたいな。







----

最近喧嘩の記事しか書いてないですね・・笑;

次回は違う話題を書くようにします;


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。